“レンバイ”に絶品干物が仲間入り! ~「ヨリドコロ市場店」~

以前ご紹介した、“江ノ電を眺めながら絶品干物が味わえる”カフェ「ヨリドコロ」(稲村ヶ崎)。今や日本だけでなく、海外のテレビ番組やCM、雑誌にも取り上げられている話題の古民家カフェです。今回は、その2号店として4月1日にオープンした干物テイクアウト専門店「ヨリドコロ市場店」に伺いました。

鎌倉の名所の一つ! “レンバイ”の愛称で親しまれる「鎌倉市農協連即売所」。

ヨリドコロ市場店が入るのはJR鎌倉駅から徒歩5分、“レンバイ”の愛称で親しまれている「鎌倉市農協連即売所」。昭和3年、日本で初めてのヨーロッパ式マルシェとして発足したそうです。農家が直接、消費者に野菜などを売る即売所として歴史を刻んできました。

鎌倉野菜などを目当てに連日、賑わいを見せるレンバイ。農家以外にも「PARADISE ALLEY(パン)」、「北鎌倉燻製工房(スモークチーズ)」、「鎌倉シフォン(ケーキ)」などバラエティ豊かなお店が軒を連ねています。

大切な人への贈り物に! 食卓を囲むお供に! 

「稲村ヶ崎にあるヨリドコロで愛されている干物を、もっとたくさんの方に召し上がってほしい。」と、市場店をオープンさせた気持ちを語ってくれたのは、ヨリドコロ代表の恵武志さん。

これまで「ヨリドコロ」や、一棟丸ごと貸切施設「港の灯り(葉山)」の古民家リノベーションを手掛けてきた恵さん。レンバイ出店にあたり、市場店の改装は小規模の為、大工さんと二人だけで行ったそうです。

  • ヨリドコロ(稲村ヶ崎)

  • 港の灯り(葉山)

一番人気は「さば(みりん)」! 全国津々浦々の味わいを。

ヨリドコロや市場店で提供している干物は、恵さんのお母さまが営む「干物倶楽部 丸恵」が全国津々浦々からセレクトした新鮮で肉厚、脂ののった大ぶりな干物ばかり。

「一番人気は、さば(みりん)です。塩さばと味の違いを楽しむのもおすすめです。」と教えてくれたのは、恵さんの奥さま・実樹さん。「サーフボード」、「海街」、「夕焼け」など、湘南らしいネーミングの干物セット(贈り物用)にも定評があり、結婚式の引出物としても喜ばれているのだとか。

忘れられない旅の1ページを演出。

2015年6月にヨリドコロ(稲村ヶ崎)、2016年9月に港の灯り(葉山)、そして2018年4月にヨリドコロ市場店(レンバイ内)をオープン。「訪れた方にとっての忘れられない旅の1ページになれますように」、そんな想いを込めて約3年間、「チーム・ヨリドコロ」として仲間と共に走り続けてきたご夫妻。

日本の伝統的な古民家や食文化である干物を大切に継承するチーム・ヨリドコロ。そんな温故知新の精神が宿る「ヨリドコロ市場店」に遊びに来てみませんか。きっと、あなたにとって忘れられない“旅”の1ページを演出してくれるはずです。

  • 秋の味覚! 秋刀魚定食(期間限定)は、稲村ヶ崎のヨリドコロで!

ヨリドコロ 市場店

神奈川県鎌倉市小町1-13-10 鎌倉市農協連即売所内

[営業時間]
10:00〜16:00(不定休)

[ウェブページ]
http://yoridocoro.com
Facebook:@yoridokoro
Twitter:@yoridokoro
Instagram:@yoridokoro

[お問い合わせ]
Tel:0467-40-5737
Mail:info@yoridocoro.com

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

このライターの記事を見る

WAVE