捨てられた保護犬を家族に迎えよう! 湘南国際村の譲渡会『特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION』。

年間10万頭もの犬や猫が殺処分されている日本。無責任で身勝手な飼い主、猟師、業者が見捨て、保健所や動物保護センターに収容されるケースが後を絶ちません。この現実から目をそらさず、神奈川県動物保護センターから正式な承認を受けて犬の保護活動を行い、平成25年度から3年連続「殺処分ゼロ」に大きく貢献するボランティア団体が湘南・葉山にあります。

動物保護センターの牢屋で怯える犬に光を、保護された犬にあたたかい家族を与え続ける「特定非営利活動法人KDP KANAGAWA DOG PROTECTION」(以下、「KDP」)。テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」など、様々なメディアで反響を呼ぶ「KDP」が定期開催する、保護犬の譲渡会に伺ってきました。

ようこそ、『KDP湘南国際村譲渡会』へ! 地元野菜やパン、グッズ販売も楽しめる!

横須賀市と三浦郡葉山町にまたがり、富士山や相模湾が一望できる湘南国際村は、国際会議やセミナーなど様々な人が交流する場所です。湘南国際村センターの入口近く、ファミリーマート向かいの広場にて、毎月第2・4日曜の12~14時に開催される『KDP湘南国際村譲渡会』。今回は、約15頭の保護犬と触れ合うことができました。

譲渡会の会場では、地元農家さんによる野菜直売、地元の人気ベーカリー「Cocco Farm」の手作りパン、「KDP」のオリジナルグッズなどを販売。Tシャツ、ステッカー、「Sセレクション」(葉山)製リードのほか、2018年度カレンダー「RESCUED DOGS」も。グッズの売上金は、すべて施設修繕費、治療費やフード代などに使用されるそうで、筆者も早速カレンダーを購入しました。

  • ▲2018年度KDPカレンダー「RESCUED DOGS」

人に捨てられ、保護センターからやっと出られた子たち。

飼い主による飼育放棄、業者による多頭飼育崩壊のほか、鑑札、注射済票、迷子札などを装着せずに迷子犬になった子たちは、数日から数ヶ月間放浪した後に警察署へと輸送され、そこで数日間を過ごします。動物保護センターに収容された後は不特定多数の犬と過ごし、数日から数ヶ月を経て「KDP」のシェルターにやってきます。

  • ▲ふーちゃん(ミックス)左、ロッテオ(ミックス)右

平塚にある神奈川県動物保護センターの平成27年度統計では、飼い主の都合で引き取った犬が66頭、迷子になり収容した犬が330頭、合計収容数396頭。「KDP」をはじめとする様々なボランティアの努力のもと、神奈川県の黒岩知事から「犬の殺処分ゼロ継続宣言」が出されたものの、センターの中には以前と変わらず多くの犬がいるのだとか。

  • ▲ブリタニー(ブリタニースパニエル、写真左)と娘(ミックス)

  • ▲ 共にビーグルのベベジュン(写真左)とうたまるの2匹

  • ▲海(紀州犬ミックス)

  • ▲みー(ミックス)

家族があってはじめて輝く命。保護犬たちに愛情、優しさ、安心を。

「KDP」のシェルターには現在約50頭(以前は130頭)の保護犬がいます。他のボランティア団体が得意な犬種(小型犬、純血など)と被らないような犬を選んで引き取るそう。元猟犬が多いのにも関わらず、穏やかで、人に慣れている子が多いのに驚きました。

心に深い傷を負い、生死を分けて壮絶な過去を経験した保護犬たち。「もう二度と辛い想いはさせない」と、強い覚悟で家族に迎え入れ、愛情、優しさ、安心を与えてくれる里親との出会いを待っています。

  • ▲ タイゾウ(有色紀州犬)

  • ▲ みゃーみゃー(北海道犬ミックス)

  • ▲ リーリー(ミックス)

  • ▲ ヤック(屋久島犬)

「担当犬は我が子のよう」。保護犬の幸せを願うボランティア。

「KDP」のボランティアスタッフは約20名。毎日の散歩などを手伝う方、イベントを主に担当する方など関わり方は様々。譲渡会のイベントでは同じ犬を担当することが多く、我が子のように愛情が湧くそうです。

「どんな犬でも(何歳であろうと)、適切なトレーニングで犬は“変わる”!」と言うのは、2匹の保護犬と暮らす渋谷由美さん。3~4年かけて良好な関係を築き、今ではトレイルランニングを一緒に楽しむのだとか。ティム・ジェンソンさん(アメリカ・オレゴン州出身)は、小鳥や他の犬に気を遣いながら、野性味溢れる担当犬・ワイルドの動きや気持ちに寄り添っていました。

  • ▲ ヨダさん・右(ポインター)

  • ▲ ワイルド(イングリッシュセター)

幸せいっぱいの卒業生と、里親さんに遭遇!

この譲渡会に1年通い続けて、保護犬を家族に迎え入れた古野裕子さん。ケージを2つ寄付しようと譲渡会に来たのがキッカケで、バウちゃん(ミックス)に出会ったそうです。「家庭犬ではなく、出産経験が幾度かあるようです。怖がりなので、逃げないように気を遣っています。」と古野さん。

家族になって1年以上経つそうですが、今ではきちんとお座り・待てができるなど、愛らしい表情を見せるお利口さん。一緒に色々な所へ遊びに行き、湘南ドッグライフを満喫しているそうです。

「殺処分ゼロ=捨てられる犬ゼロ」を目指して。

「本当の目標は、捨てられる犬がいなくなること、そして『KDP』のシェルターが必要なくなることです」と語るのは、「KDP」スタッフの島田佳代子さん。自身も5頭の保護犬と暮らし、シェルターではボランティアと協力しながら、1日2回ずつ4グループに分けて約50頭の散歩を行っています。その他にも食事、掃除、病院……など、多忙な生活をこなしています。

「“捨てられた保護犬を家族に迎え入れよう”という意識を一般常識のレベルに」というのは、「KDP」代表の菊池英隆さん。「KDP」は神奈川県や企業、獣医師や他の動物保護ボランティア団体などと連携し、「殺処分ゼロ=捨てられる犬ゼロ」に向けて、他県や全国、さらには次世代への確かな軌跡を刻んでいます。

  • ▲ ヒロ・左、シモン・右(共にダックス)

目をそらしてはいけない。みんなが動けば救える命。

まずは、「KDP」湘南国際村譲渡会へ保護犬たちに会いに来ませんか。“人、動物、すべての生き物に優しい社会”の実現に向けて、その第一歩が踏み出せるはずです。

特定非営利活動法人KDP KANAGAWA DOG PROTECTION

神奈川県横須賀市葉山町

【KDP湘南国際村譲渡会】
[日時]
第2・4日曜 12:00〜14:00

[場所]
神奈川県横須賀市湘南国際村1-3-1(湘南国際村ファミリーマート向かいの広場)

[お問い合わせ]
Tel: 090-3061-8682
E-mail: info@kdp-satooya.com

[ホームページ]
http://kdp-satooya.com/

Facebook: @kdp.satooya

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

このライターの記事を見る

WAVE