【湘南で暮らす人々】

湘南の有機農家さんを訪ねる。農を通して地域と人とつながる「柿右衛門農園」

藤沢の最北端に田畑広がる御所見エリアで、お米と野菜をつくる「柿右衛門農園」の柿田さんご夫妻を訪ねました。旬の野菜をマルシェや宅配で直売したり、地元の飲食店へ納入するなど、顔の見える関係を大切にしている若手農家さんです。

「柿右衛門」のお名前だけを聞くと、古くから続く農園のようですが、実は5年前に新規就農したというお二人。5反から始め、いまでは一町歩7反に広がる農場では、種にこだわった少量多品目の生産を続けています。毎年お客さんの好みや希望に応じて、この土地で作りやすい品目を選び、栽培しているそう。農を営みながら、田んぼ塾を開いたり、援農者を受け入れて、地域の人に体験してもらうことも重視しています。

  • 農場の一角では、試作の野菜が並ぶエリアも。ツタンカーメンの豆は、ごはんと一緒に炊くとごはんの色がピンクになるのだとか。食べ方も一緒に提案することで、野菜の魅力を伝えます。

  • この地域では、給水が課題となる夏野菜。今年は灌水に挑戦し、ミニトマトの栽培に力を入れたいそう。

食卓と離れていた、農の現場へ。

ご夫婦で農業を始めるきっかけとなったのは、大豆レボリューションという市民活動への参加から。(味噌や醤油などの原料として、日本の食卓に欠かせない大豆を、地域ごとに自給しよう、という全国的な運動。)横浜の都心に住んでいたところから、農業の現場が身近になり、半農半Xの暮らしに憧れを持つようになります。それ以降、農家さんのお手伝いをする「援農」にご夫婦で出掛けることも増えていきました。けれど、すぐに農家の道に進むことには迷いがあったそう。それは、農場に出掛けるたびに見知る、農業の大変さ、収入の安定、体力への不安という面が垣間見えたから。

  • なかなか就農に踏み切れなかった過去を、屈託なく話してくれたご夫妻。身近で自然体なお人柄に、ほっこり。

縁に運ばれた、農家の道。

しかし、藤沢で長年有機農業を営む師匠の元へ農家研修に通い始めてからは、就農の意志も固まっていきます。そして2012年、お子さんを授かり、いよいよ独立して農家をはじめることに。後押しされるように、最初の田んぼとの出会いがあり、その近所に空家物件を見つけます。農村地域の御所見エリアでは希少な空家だったため、大家さんに直接会いに行き、住む許可を取り付けたのだとか。お子さんの誕生がいろいろな縁を引き寄せてくれた、と語ります。

  • ご家族の住まいであり、野菜ボックスの出荷場所、道具置き場として活躍している赴きのある日本家屋。

消費者とともに成長を。

農業は現場の仕事以外にも、販売のことを考え、経営的なことを見ながら、毎日の事務作業をする。特に直販を行い、販路を多数持つ有機農家では、その業務は多重。イメージしていたよりずっと忙しく、楽しさと同時に大変さを感じることも多いそう。それでもお客さんと直接つながることで、スーパーにはない付加価値の高い商品をつくることができる。野菜の収穫期にあわせた調理法を提案し、食べる楽しみを伝えることができる。生産と消費のサイクルを合わせることで、一緒に成長していけることを実感しているそうです。試行錯誤を重ねながら、ご夫婦で大切にしたいことを話し合い、いまの形を積み上げてきました。

  • 地域には、師匠のお弟子さん仲間や、マルシェの出店などで出会いがあり、悩みを相談し合える環境も魅力。

食卓と畑を近づける。

そんな柿田さんたちが、これから実現していきたいこと。

「都市型農業なので、もっと体験してもらいたい。食卓と畑が近づく活動を増やしていきたいです。」

実際に農体験に来た方は、畑にいるだけで楽しくなる「畑ハイ」や、時間を忘れるほど夢中になって収穫する「収穫ハイ」になることも多いのだとか。

「土を少し洗って、そのまま食べた野菜は特別。自分で収穫すれば、それはスペシャルなニンジンです。」自身の体験を重ね合わせるように、語ります。

田んぼ塾の生徒は定期的に訪れ、農作業を共同することで家族のような存在に。また一年の作業を通して農的暮らしを体験し、この地域に定住を希望する方もいるのだとか。

  • 富士山のビュースポットになっている御所見の見晴台。

地域の人々とつながり、また地域へと人をつなげる。豊かで暖かな縁の広がりを感じました。

湘南で暮らす人々

都心から電車で1時間と、遠いようで実は近くにある海辺の街。豊かな自然に囲まれて過ごす人々の表情もまた、おなじように豊かです。
本コラム『湘南で暮らす人々』では、この地で生活を営む人々にフォーカス。「やっぱりこの街が好きだ」というみなさん、そして「いつかはここで……」と憧れを持つみなさんと一緒に、多彩なライフスタイルを覗いていきたいと思います。

———––

柿右衛門農園
ウェブサイト:https://www.kakiemonn.com/

<柿右衛門農園の野菜が食べられるお店・購入できるお店(一部抜粋)>
鎌倉市・song be cafe(ソンベカフェ)| マルシェ出店・販売
藤沢市・へっころ谷  | 飲食・販売
藤沢市・ecomo  | 飲食・販売
茅ヶ崎市・Oranic Garden | 飲食・販売
鎌倉市・一花屋 | 飲食
鎌倉市・Musubee | 飲食

ライター情報

きべちゃこ

きべちゃこ

翻訳家・ライター。海のある暮らしを求めて、2017年に都内から湘南に移住。 移住後、庭先や耕作放棄地を利用したコミュニティ農園で、畑を耕す半農生活を送っています。海や山、畑で過ごす時間を通して、心地良いと感じることがよりシンプルにクリアになってきました。 湘南の農や、自然とのふれあいを発信していきます。

このライターの記事を見る

気まぐれ波情報

人気の画像