湘南のルミナリエ! 江ノ島のイルミネーションを見に行こう!

11月26日(土)から開催されているイルミネーションイベント『湘南の宝石2016-2017 ~江の島を彩る光と色の祭典~』。江ノ島の頂上にそびえるシーキャンドルを中心に、島内の至るところで光の芸術を見ることができます。

ということで、筆者もカメラを片手に行ってきました。片瀬海岸から島へと続く江ノ島弁天橋を起点に、徒歩で巡るイルミネーションの様子をお届けします。

今回歩くのは、イベントの一部である『enoshima -光- michi』のサムエル・コッキング苑までのルート。江の島弁財天仲見世通りをスタートし、中津宮広場と亀ヶ岡広場へと続く道筋です。普段なら「江の島エスカー」を使ってショートカットしてしまうところですが、せっかくなので歩いてみましょう。

  • ▲ 島へ続く歩道橋・江ノ島弁天橋を歩いていきましょう

  • ▲ 弁財天仲見世通りを抜けて…

  • ▲ 江島神社の階段を登っていきます

江島神社を抜けて道なりに進むと、鳥居の先に中津宮広場が見えてきます。色とりどりの花々が咲き誇るこの広場。イベント期間中はきらびやかなイルミネーションが!

  • ▲ 鳥居の先にイルミネーション!

  • ▲ スロープにも装飾が施されています

鮮やかな光の競演を見せる中津宮広場を後にして、更に上へと向かいましょう。その道のりにも写真のような光の壁があり、道中の会話も弾みそうです。

しばらく上っていくと、シーキャンドルが眼前に! ……ですが、今回はまず亀ヶ岡広場に歩みを進めましょう。2月には河津桜が咲くというこの広場はとても広く、一面に敷き詰められたイルミネーションがよく映えています。

  • ▲ 頭上には『enoshima -光- michi』の看板が

  • ▲ 道の脇で光を放つイルミネーション

  • ▲ 広々としたスペースを光が埋め尽くします

  • ▲ イルカ、富士山、シーキャンドルを模したものも

仲見世通りから亀ヶ岡広場までの道のり、いかがだったでしょうか。

エスカーが上りだけということを考えると、先に頂上に登り、下り道でイルミネーションを楽しむ……というのもいいかもしれませんね。もともと広場なのでベンチも設置されており、ひと休みがてら足を止めてじっくり眺めるのもいいでしょう。

次回は、いよいよサムエル・コッキング苑の内部へ!

人気記事ランキング

湘南ガーデンの人気記事ランキング

人気の画像

特集・コラム

注目の特集やライターによるコラムなど