目指すは“幸福度No.1”。Made in SHONANにこだわった、海辺のフレンチを。

フランス料理への基準が特に厳しいといわれるグルメガイド・ミシュランで紹介されるなど、平塚でも指折りのフレンチの名店「H×M(アッシュエム)」。15周年を迎える今年もますます好調で、今もなお予約が取りにくい人気店としてランチ、ディナー問わず多くのゲストで賑わっています。

その人気の秘密、そしてH×Mが目指すものとは。平塚への愛情に溢れたオーナーにお話を伺いました。

湘南を代表する“予約の取りにくい店”。その秘密とは。

  • ▲ オーナーの相山洋明さん

お店のコンセプトは地産地消。地元の農家や漁師と密接な関係を築き、Made in SHONANにこだわった食材を用い て、見た目も鮮やかな絶品フレンチを提供してくれます。そんな地元食材へのこだわりから生まれたのが、毎月第2日曜日に平塚湘南海岸公園で催される『SunSunマルシェ』。何を隠そう、オーナーの相山さんはその発起人なのです。

「もっと地元の良さを知ってもらいたいとの思いからこのお店の前でささやかにスタートしました。現在は後見人として見守る立場ですが、これだけ大きな規模にまで成長してくれて本当にうれしいですよね」と相山さん。

  • ▲ 心地よい日差しが注ぐ、明るい店内

以前は、日本初のオーベルジュ(宿泊設備付きレストラン)である「オー・ミラドー」(箱根)で支配人を務めていたという相山さん。H×Mオープン時の2002年は、まだまだ平成不況が続き、さぞかし苦労されたのではと思いきや、「7月14日にオープンしたのですが、おかげさまで最初の2ヶ月間は毎日満席でした」。

今でこそ、料理人ではない人間がオーナーになるのは珍しくありませんが、当時はオーナー兼料理人というのが常識。ただそれだと、“料理さえ美味しければお客さんが来てくれる”との思いに陥りがちとのこと。そこで、サービスマンであった相山さんは料理人ではないことを強みに変え、マーケティングや広告戦略、サービス対応など、シェフでは目が行き届きにくい部分に注力したといいます。

  • ▲ 店内の黒板には、made in SHONANにこだわった素材がズラリ

  • ▲ 地元産の野菜を豊富に使った「佐島のマダコと平塚野菜のサラダ仕立て」

「すべてが揃う」本当にいい街、湘南・平塚。

しかし、そもそもどうして平塚に店をオープンさせることにしたのでしょうか。

「地元(埼玉)に戻り、よく知った仲間だけが集まるような店にはしたくなかった。また家族のためにも海も山も近くにある湘南エリアで探そうと思い、車でのアクセスの良さや街の雰囲気などを条件に検討したら、平塚が候補に挙がりました。決定打は湘南ベルマーレがあったこと。サッカー好きにとって、歩いてスタジアムに行ける街というのは、何物にも変えがたい魅力でした」

そんな相山さんが平塚に関して思うのは、“地元・平塚の方がもっと平塚の魅力を再発見して、どんどん発信していけばいいのでは”ということ。「海があって土地は平ら、自転車でどこへでも行ける。農地も豊富にあって、工業地も大きな商業地域もあり、すべてが揃っている本当にいい街ですよね」。

  • ▲「みやじ豚バラ肉の柔らかブレゼ ラヴィゴットソース」

  • ▲ 横田園芸さんの造る食用バラを用いた、美しい「エディブルローズのクレメダンジュ」

「ありがとう」を作り続ける。“幸福度No.1のフランスレストラン”へ。

相山さんの目標は「50代の10年間を、かっこよく人生で最高に充実した10年にする」ため、次のミシュランガイドで星を獲得することだそう。「地域に貢献したい、平塚の魅力を知ってもらいたいと活動しているからこそ、湘南そして平塚という街の魅力を凝縮したH×Mが、☆という目に見える形で評価されることが大事だと思うのです」。

そこで高めているのが「チーム力の向上」。仲間はもちろん、生産者、お客様、自分に携わるすべての物事に感謝して“ありがとうを創り届けること”だと言います。

「常に感謝をすることで、人は自分のやるべき仕事に誇りと愛情、そして責任感を持ちます。そういう意識を共有したチームがつくるものが、最高でないはずがありません」

  • ▲ 自然と笑顔があふれる、“最高のスタッフ”

そうした努力の結果、現在は売り上げ額が過去最高を記録するなど、着実に成長を遂げているといいます。最終的な目標は「フレンチ業界のトップランナー」と断言する相山さん。「スタッフが最も働きやすい、“幸福度No.1のフレンチレストラン”と言われるような、新しいモデルになろうと思っています」。

いつもゲストで賑わう店内は、地元の常連客が多いのも特徴です。それは、料理が美味しいのは当然ですが、この心地よい空気感を感じ取っているからではないでしょうか。ぜひ一度足を運び、このお店でしか体験できない“しあわせなひととき”を感じてみてはいかがでしょうか?

H×M アッシュ✕エム

神奈川県平塚市夕陽ヶ丘3-5

[営業時間]
LUNCH … 11:30〜13:45(L.O.)15:00 Close
DINNER … 18:00〜21:00(L.O.)23:00 Close

[定休日]
火曜
※予約状況により変更あり

[席数]
68席(店内36席、テラス32席)
※テラス席はペット同伴OK

[駐車場]
専用5台
※ほか、提携コインパーキングあり

[服装について]
ビーチウェア、サンダルなどでの入店はご遠慮いただいております。

[ウェブサイト]
http://b-h-m.com/

Facebook: @maison.de.hm
Instagram: @hxmahiratsuka

貸切パーティーについても承っております。
詳しくはウェブサイトへ。

ライター情報

ユゲヒロシ

ユゲヒロシ

藤沢生まれ、藤沢育ちのコピーライター・編集者。バックパッキングでアジアやヨーロッパを貧乏旅行、バイクや車で国内を漂流した後、広告制作会社へ。現在はフリーランスとなり、飲食店取材や住宅系、トラベル情報などを執筆。趣味はB級C級グルメ巡りにキャンプ、ロードバイクなど。軽いフットワークで旬の情報、そしてディープなネタをお届けします。

WAVE