生まれ変わりに、彩りを。茅ヶ崎市民文化会館をアートが埋め尽くした日。

扉が閉められたはずの3月の雨降る日曜日、人々が続々とこの場所に集いました。彼らは皆、湘南・茅ヶ崎に縁のあるアーティスト。それぞれが筆を、エアブラシを、そしてインクの入ったボトルを手に取って、茅ヶ崎市民文化会館の大きなホールを彩っていきました。

広々としたスペース。高い天井。しとしと降る雨の粒が窓ガラスを滴り、ひんやりとした空気が辺りを包んでいた午前9時。これから取り壊されていく巨大な“キャンバス“を前に、アーティストたちは自らの頭のなかにあるイメージを少しずつ、丁寧に描出し始めました。

茅ヶ崎中央公園の向かい側に建つ、レンガの外壁が印象的な茅ヶ崎市民会館。1980年に開館し、翌1981年には地元出身のサザンオールスターズが凱旋ライブを行うなど、茅ヶ崎の人々を中心に数多くの人々に親しまれてきました。しかし、耐震補強を目的とした改修工事のため2017年2月いっぱいで休館に。

この空間で自身のアートを表現するのは大人だけではありません。ガラス窓に塗りつけられたペンキを水鉄砲で溶かしていく子どもや、腰掛けをスカイブルーの塗料で無造作に染めていく子ども。無邪気にはしゃぎながら、時間も忘れて熱中する姿にかつての自分を重ねて、切なさと懐かしさを心の中に覚えました。

当日の様子はYouTubeでも公開されています。在りし日の記憶を重ね、その場所が彩られていく様子をぜひご覧になってみてください。

人気記事ランキング

湘南ガーデンの人気記事ランキング

人気の画像

特集・コラム

注目の特集やライターによるコラムなど