地元民も知らない!? 片瀬山から夕陽と富士山、そして町並みのパノラマビューを。

きれいな夕日が見られるスポットを紹介する「湘南夕景」シリーズ、今回は片瀬山からお送りします。

一般的には“湘南といえば海”。ですが今回は海よりも湘南の街と富士山にフォーカスを当ててみることにしましょう。実は地元民にもあまり知られていないスポットで、片瀬山を登ったところにある「富士見坂」という場所をご紹介いたします。

片瀬山を登った先にある、エリア屈指のビューポイント。

富士見坂へ向かう道はいくつかありますが、今回はもっともメジャーなルートをご紹介。「藤沢街道」と呼ばれる国道467号線を行って、フジスーパーが目印となる「片瀬山入口」交差点を曲がります。そのまま直進して長い坂を登りますが、あまり無理せずに休憩を挟みながらいきましょう。MTBなどでヒルクライムするにはちょうどいいかもしれません(笑)

坂を登り切ったところにある「片瀬中学校前」交差点を右折し、2つ目の交差点が見えたらもう一度右折。しばらく道なりに進みましょう。すると右手に公園が見えてきますので、その公園の先の交差点で左折。ここまで来れば着いたも同然です。

  • ▲ 片瀬山を登る坂道。この信号の辺りから勾配がキツくなっていきます…

湘南の街を一望! タイミングが合えばあの絶景も…?

遮るものがなく、眼前に広がる湘南の町並みと富士山。この景色を見ようと近隣の方々が集まることも稀ではありません。また時期とタイミングが合えば、沈み行く夕陽と富士山頂が重なるダイヤモンド富士を拝むことも出来るそう。空が広く高い所に見られるので、季節によって表情を変えてくれることでしょう。

少し下ると、石畳が敷かれた坂道もあります。この道の両脇には桜の木が植わっていて、開花の時期になると白やピンクの花びらが景色を彩るのだそう。ひょっとしたら、隠れた花見スポットのひとつかもしれません。

  • ▲ 白い石畳が敷かれた坂道

  • ▲ この日はまだ花びらを見せかけた程度でした

  • ▲ 休憩するためのベンチも用意されています

  • ▲ 夕暮れまで近くの公園で過ごすのもアリ

夕焼けに染まる富士山も素晴らしいですが、眼下に広がる鵠沼の町並みにも目を向けてみましょう。少し視線を下げたところには家々が立ち並ぶ様を望むこともでき、湘南に住む人々の息遣いも感じられる眺めとなっています。

海岸線からとはひと味違った湘南夕景。時にはウグイスも鳴くのどかな場所です。江ノ島以西と富士山を合わせて眺めるのにうってつけなこの富士見坂で、ここでしか味わえない時間の流れを感じてみませんか。

片瀬山富士見坂

【バスでお越しの方へ】
江ノ電バス「藤沢駅南口」3番のりばから「片瀬山循環」をご利用の上、「片瀬中学校前」バス停で下車すると便利です。

※近隣は住宅地となっているため、騒音など住民のみなさまのご迷惑になることはご遠慮ください。

ライター情報

akira suematsu

akira suematsu

湘南生まれ湘南育ちの純・湘南ボーイ。そのわりにサーフィンは未経験だが、鵠沼の海が世界で2番目に落ち着く場所である。まだ見ぬ湘南の魅力、そして多様なライフスタイルのあり方を求めて、ペンとカメラを両手に行動範囲を拡大中。

WAVE