ママが主役のフェス in 平塚! 『Mama gyuuutto fes.』

2018年10月、「普段、子育てや家族のために頑張っているママが主役のイベントを開きたい!」と立ち上がった平塚市民団体「ママぎゅっと」。平塚で活躍するママ6人が中心となり、ママたちの新しい“出会い”や“つながり”をサポートする活動の第一弾「Mama gyuuutto fes.(ママぎゅっとフェス)」のプレイベントが、12月8日(土)に開催されます!

プレママもOK! 親子で楽しめるワークショップがいっぱい!

12月8日(土)11時から、絵本cafe「きいろいおうち」(平塚駅北口徒歩7分)で開催される『Mama gyuuutto fes.』。入場料は1家族100円より(入場料は、被災地支援として全額寄付されます)。親子や友人と写真撮影ができる「ぎゅっと撮影会」では、普段は撮る側に周りがちなママも、この日は一緒に撮影してもらえ、そのデータはプレゼントしてもらえるのだとか!

平塚で活躍するママ講師やママ作家によるワークショップ(予約優先・各500円)やハンドメイド雑貨の展示販売、地域で愛されるカフェ、自転車屋さん、整骨院が集まります。授乳やおむつ替えスペースもあるので、0歳児などベビーをお連れのママも安心。プレママも大歓迎!

「自分らしく輝ける地域の未来を。」ママぎゅっとフェス実行委員会

『Mama gyuuutto fes.』を主催する「ママぎゅっとフェス実行委員会」の代表を務めるのは、会場にもなっている絵本cafe「きいろいおうち」を営む絵本講師・内田早苗さん。「自分らしく輝ける地域の未来を作ること」を目指し、平塚市や大磯町で活動する市民団体「ファーストステップ」代表の後藤佳子さん、地元フリーペーパーの編集者の長谷川あい子さん、コミュニケーション講師の宇佐美陽子さん、お弁当ぎゅっとプロデューサー(インスタグラマー)の弘中早苗さん、アロマセラピストの浦田典子さんと共に活動しています。

  • 内田早苗さん(中央)、宇佐美陽子さん(中央上)、長谷川あい子さん(左)、浦田典子さん(右)

親子の憩いの空間、絵本cafe「きいろいおうち」。

今回の開催場所となる、ららぽーと湘南平塚のほど近くの絵本cafe「きいろいおうち」。内田さんのご自宅であるリビングを開放した、明るい日差しが親子をあたたかく照らす空間です。1500冊の絵本がずらりと並び、今の季節にぴったりなクリスマス絵本は50冊もあるのだとか! イベント当日は、お庭や2階部分も使用するそうです。

ママたちの新しい“出会い”や“つながり”を創造するプレイベント『Mama gyuuutto fes.』。ららぽーと湘南平塚から徒歩5分の場所なので、イベントの前後に家族や友人とショッピングやランチも楽しめそうですね。

子どもへの愛、ママの頑張り、何かを好きだと思う気持ちを、“ぎゅっと”しに来ませんか。

『Mama gyuuutto fes.』

神奈川県平塚市天沼8-43

[開催日時]
2018年12月8日(土)11:00〜15:00

[開催場所]
絵本cafe「きいろいおうち」

[ウェブサイト]
https://peraichi.com/landing_pages/view/mamagyuuutto
Facebook:@mamagyuuutto

<ママぎゅっとフェスからのお願い(一部抜粋)>
※駐輪場、駐車場はありません。お近くのパーキングまたは公共交通機関をご利用ください(住宅街のため、車での送迎はご遠慮ください)
※ワークショップは予約優先。当日の空き状況は各ブースでご確認ください
※混雑状況によってはご入場いただけない場合がありますのでご了承ください
詳しくはホームページまたはフェイスブックをご参照ださい。

[主催]
ママぎゅっと(ひらつか市民活動センター登録団体)

[後援]
平塚市、First Step、平塚女子、FM湘南ナパサ、(株)タウンニュース社ほか

[お問い合わせ]
ママぎゅっとフェス実行委員会
Tel:080-3367-4969(代表・内田)
E-Mail:mamagyuuutto@gmail.com

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

このライターの記事を見る

WAVE