トーキョーとツジドウを結ぶ、カルチャー発信基地。サンドイッチとアイスも魅力の「THE GREEN STAMPS CAFE」

辻堂駅からサーファー通りを海へ向かう途中、湘南工科大のすぐそばにあるのが新進気鋭のカフェ「THE GREEN STAMPS CAFE」。以前は「TOASTED」というホットサンドが名物のカフェがあった場所に2018年4月にオープンしたカフェへ、うだるような夏の暑さの中、訪ねてみました。

昨年10月に辻堂に来て、11月には出店を決意!

「実は、辻堂に来たのは昨年の10月に開かれた『THE GARDEN FESTIVAL』が初めてだったんです」と語るのは山田一歩オーナー。「その時に辻堂の空気感が気に入って、『辻堂っていいな、ここで何かしたいな』」と思ったそう。その当時、一歩さんは東京・日本橋にある「Mighty steps coffee stop」でバリスタをしており、「そろそろ独立も」と考えていた時期だったと言います。

そんな折、奇しくもMighty steps coffee stopのオーナーが、TOASTEDのオーナーとは顔なじみ。TOASTEDも新たな店舗展開を考えていた最中で、この場所を手放そうか検討中だったようで、「それなら一歩くん、ここでやってみる? 信頼できるキミになら、ここを譲ってもいいよ」…そんな感じであれよあれよと言う間に話は進み、11月にはすでに契約を済ませていたそうです。

豆の煎り方で、仕入れ先を変えるこだわりよう

「THE GREEN STAMPS CAFE」のコーヒーの特徴は、浅煎り、中煎り、深煎りのすべてが用意されていること。浅煎りの豆は大阪のメルコーヒーロースターズから仕入れ、焙煎機もドイツのプロバット製を使用、深煎りは渋谷のGPコーヒーロースターズより厳選したものを使用と、豆の煎り方で仕入れ先を変えるほどのこだわりようです。

早速、浅煎りコーヒーを注文をすると、それまでの笑顔とは一変。一歩さんの真剣な眼差しに、こちらも少し気圧されるほどです。待つことしばし、「お待ちどうさまでした」とサーブされたコーヒーを一口すすると、スッキリとした味わいのなかに深い薫り、そしてほんのりと甘味が潜む絶品の味わいです。

全粒粉を使ったサンドイッチは食べ応え十分!

そして同店のもう一つのウリのメニューがサンドイッチ。中でも一番人気だというシーチキンサンドは、ガブリとかぶりつくと食べ応えのあるパンの食感、そして噛むほどにパンの深い味わいが広がり、シーチキンにまぶしたクミンやコリアンダーの芳醇な香りが食欲をさらにそそります。

「このパン美味しいでしょ?」と笑顔の一歩さん。「こちらは辻堂のChigaya bake&coffee shopさんのパンなんです」。何でもフラッっと立ち寄ったこちらのパンが気に入ったそうで、すぐにお店のメニューに加えることを決めたのだとか。「全粒粉20%と天然酵母を使用したこのパンはお腹もしっかりと膨れるだけでなく、食後に胃がもたれなくてスッキリ。たまに市販のパンを食べるとお腹の重さを実感するので、その違いは明らかですよ」(一歩さん)

  • 笑顔がすてきなオーナーの一歩さん

“コーヒーレベル”が高い街・辻堂

新たな道を進み始めた一歩さんですが、辻堂での暮らしをどう思っているのでしょうか。「辻堂は有名なカフェだけでなく豆を挽き売りする店もたくさんあるなど、自分たちでコーヒーを入れる文化が根付いていますね。自分の時間、ゆとりの時間を大切にする方が多いんですよね」

また「住む場所って“職場に近いから”“便利だから”という理由で決めがちですが、辻堂辺りに住む方は“この場所が好き”で住んでいる。それって実はとても大事なことで、生活基盤を自分の意志で決めることは、とても動物的であると同時に、暮らしていくうえで本当に大切なことだと思うんですよね」(一歩さん)

この夏はひんやりスイーツで一息

そんな話を聞きながら、こちらもやはり名物のアイスバーガーを注文。同じくChigayaさんのマフィンの上にアイス、そして自家製のジャムをトッピングしたもの。この暑い時期にはうってつけのひんやりスイーツは、外で食べるのも最高ですね。

  • 外を眺めながらアイスバーガーでまったり

  • 店の裏には隠れ家的なガーデン席も

「辻堂の魅力をもっと広く知ってもらいたい」

とはいえ辻堂に移り住むことは現在考えていないそうで、「今は横浜に住んでいるのですが、やはり新しいトレンドを生む東京のカルチャーにも敏感でありたい。一方で、東京の方たちにもここ辻堂の良さを知ってもらいたい。そんな東京と辻堂の魅力を伝える架け橋的な存在になることが目標」なのだそう。

「最終的にはフェスを開催して多くの人をこの辻堂に呼ぶことですが、まずは地域の方と協力して小さなイベントから始めようと思っています」と一歩さん。9月22日(土)には近くにある日本酒DJバー「オフェンバー」と協力して、2会場を往来できる音楽イベントを実施する予定だそうです。

次々と新しい血と感性が流れ込み、まさに成長し続ける街・辻堂。一歩さんのような気概を持つ若者が現れることで、また新たな流れや文化を生む。そんな新たなカルチャーの発信基地とも言える「THE GREEN STAMPS CAFE」は、この辻堂いや湘南エリアで重要な存在になっていく。そんな予感が漂っていました。

THE GREEN STAMPS CAFE

神奈川県藤沢市辻堂西海岸1−9−1

[営業時間]
11:00〜18:00(L.O. 17:30)
※日によって閉店時間は変わります

[定休日]
不定休
※SNSにてお知らせします

[ウェブサイト]
Facebook:The Green Stamps Cafe

ライター情報

ユゲヒロシ

ユゲヒロシ

鵠沼海岸生まれ、鵠沼海岸育ち。バックパッカーとして世界を旅した後、広告制作会社に。2003年よりフリーランスのライター&ディレクターに。趣味はキャンプ、ロードバイクなど。B・C級グルメ、お酒が大好き。妻と3人の子どもとつましく(?)暮らす。

このライターの記事を見る

WAVE