62歳、シンガーソングライター「阿尾茂毅」。還暦越えでの新人デビュー!!

阿尾茂毅(あおしげたけ)、62歳。還暦を越えてからのアーティストへの本気の挑戦。「なぜ、そんな歳でデビューを?」と、不思議に思われるかもしれませんが、還暦を目前にした50代の終盤から「自身が若者時代に想い描いていた夢を実現したい」との想いにかられ、デビュー実現に向けて準備を開始。いよいよ今年、夢の扉を開けることになりました。

音響エンジニアとして第一線で活躍していた男の「第2の人生」

阿尾さんは元々、音響エンジニアとして活躍した数多くの実績のある“裏方”の業界人。映画業界や音楽業界においてさまざまな作品に携わり、音楽的なバックボーンは実績に裏付けられた確かなものがあります。映画音楽では、河瀬直美監督作品でカンヌ映画祭のレッドカーペットを踏んだことも。

しかし、初めから音響エンジニアを目指していた訳ではありません。若い頃、本気で「アーティストデビュー」を目指したものの、その夢は断念。少しでも音楽に関わりたいと都内屈指のスタジオ「音響ハウス」に入社しました。レコーディングスタジオでの厳しいアシスタント時代を経てメインエンジニアとなり、主に映像音楽のエンジニアとして活躍します。その後独立し、活動の場は映画やCM、音楽を中心に、コンサートのPAや店舗の音響設計などにまで広がりました。まさにプロとして実績を積んでいくなか、還暦を目前に「第2の人生」を考えた時、「アーティストデビュー」の夢が再燃します。そして59歳にして「夢を叶える」と決意したのです。

自らのレーベル「60 or Five to Seven」を設立

決意してから3年間、「歳は関係ない、まだやれる」と信じて、地道なLIVE活動や練習を重ねてきた阿尾さん。ついに62歳となった今年、デビューを決めました。

デビューにあたり、自身が代表を務める「60 or Five to Seven」を設立。レーベル名に込めた想いは、「還暦を中心に50歳から70歳、これからでもアーティストデビュー出来る音楽レーベル」。 「第2の人生」といえどまだまだ元気で、これからも活躍していきたい。「まず、自分が先頭に立って」、そして同じ想いを持つ同世代にもチャンスを。「誰かが始めなければ、スタートはない」。趣味ではない、本気。そんな決意を伝えたかったのです。

そんな阿尾さんは、湘南にも縁があります。逗子にあるビーチハウス「surfers」の音響もお手伝いされたそう。現在も鎌倉、藤沢、逗子など湘南エリアでも精力的にLIVE活動を行っています。

62歳になって、長年の夢を叶えた阿尾さん。これからどんな「第2の人生」を歩んでいくのでしょうか。

阿尾茂毅(あおしげたけ)

1956年、富山生まれ。大学時代に後輩とフォークデュオを結成し、アーティストデビューを目指すも断念。しかし音楽への想いは捨て切れず、レコーディングスタジオ「音響ハウス」に就職し、主に映像音楽のエンジニアとして活躍。その後、さらなる発展を求め音響ハウスを退社。数社の映像プロダクションで音楽編集の仕事を重ね、41歳で独立。映画やCMの音楽の仕事を中心に、コンサートのPAや店舗の音響設計なども手掛ける。還暦を前にアーティストデビューを決意し、2018年8月1日、念願のデビューを果たす。

[公式Website]http://aoshigetake.com
[公式Twitter]@AoShigetake
[公式Facebook]@阿尾 茂毅

[アルバム情報]
阿尾 茂毅『Starting Line』
8月1日発売/全7曲/POCS-1721/¥2,000(税抜)
発売元:60 or Five to Seven / 株式会社ユーディーシー
販売元:ユニバーサルミュージック合同会社

[デビューLIVE情報]
日時:8/2(木)19:00〜
会場:マウントレーニアホール 渋谷
Info:キョードー東京

ライター情報

SHONAN garden 編集部

SHONAN garden 編集部

海、山に囲まれた日本有数のリゾート・湘南。この地で送るスローライフをより深く、より身近に。地元ならではの目線からあらゆるスポット・イベントなどの情報をみなさまへとお届けいたします。

このライターの記事を見る

WAVE