サザンビーチちがさきで、早くも夏気分! 『湘南祭2018』に行ってきました。

4月28日(土)〜29日(日)の二日間、サザンビーチちがさきで行われた『湘南祭2018』。毎年、約10万人が来場する茅ヶ崎市4大祭りの一つです。今回はその模様をレポートします。

サザンビーチに来たらまずは、サザンビーチモニュメント「茅ヶ崎サザンC」へ! Cの文字の切れ目に人が立つと円(縁)になることから、「縁結びの輪」と呼ばれています。その中心からは烏帽子岩が見え、撮影スポットでもある茅ヶ崎サザンCには、多くの人が集い、夏気分を満喫していました。

地元ローカルが認める、物販・飲食のお店が50店舗以上!

続いて向かったのは、茅ヶ崎サザンCからメインステージまでの一帯に立ち並ぶ、物販・飲食ブース「湘南屋台村」。地元ローカルが認める自慢の逸品を楽しむ人々の熱気で包まれていました。

湘南屋台村を歩くとすぐに目に入ったのが、大きなキャンピングカー。湘南発のレンタルキャンピングカー「wonderwall」では、Instagramのフォロワーに、アルコールなどの飲物を無料で配布していました。 飲食ブースでは、以前ご紹介した加納ダイニングと同グループの「からあげセンター加納」や、大正14年から続く老舗「茅ヶ崎ハム工房ジロー」が一際、賑わいを見せていました。

青空の下、サザンオールスターズの名曲に酔いしれる!

汗ばむほどの陽気だった当日。突如、サザンオールスターズの名曲が流れ、会場のボルテージがマックスに。「まさか、あのサザンが?!」と誰もが本気で信じてしまうほど、桑田佳祐さんそっくりの美声で歌う、「いとしのエリーズ」。サザンオールスターズをトリビュート(敬愛)するコピーバンドが、いち早く「夏」を届けてくれました。

「ドッコイ! ドッコイ!」誰でも担げる神輿。

そして、祭りと言えば、華やかさと活気を与えてくれる神輿。「ドッコイ! ドッコイ!」の大きな掛け声と共に、男性たちが重たい神輿を担ぎ、湘南屋台村を練り歩く姿は圧巻。最後尾には、「誰でも担げます」のプラカードを持った方が。多くの方が神輿を担ぐ楽しさを味わえば、神輿文化の継承につなげられますね。

新感覚のスポーツも! 様々なスポーツが味わえるビーチエリア。

ビーチエリアでは「桑田佳祐杯パドルレース」、「ビーチサッカー大会」、「ちびっこラグビー教室」など、スポーツの催し物が数多く準備され、ボディボードとショートボードの中間くらいの長さのサーフボードで波打ち際を滑る「スキムボードコンテスト」や、羽子板のようなラケットでボールを打ち合う「フレスコボール」体験コーナーなど、新感覚のスポーツも楽しめました。

  • ブラジル発祥の「フレスコボール」

子どもから大人まで、誰もが楽しめる『湘南祭』。

湘南海岸の素晴らしさを知ってもらい、湘南エリアの活性化につなげることを目的に、1994年に始まった『湘南祭』。「市民が本当に楽しみ、参加できるイベント!」をコンセプトとし、誰でも担げる神輿、「ほのぼのファミリー地引網」や、「ビーサン跳ばし選手権」など、子どもから大人まで誰でも楽しめるお祭りです。

海水浴、花火大会、ライブなど、多くの人で賑わうサザンビーチちがさき。1999年、地元茅ヶ崎出身の桑田佳祐率いるサザンオールスターズにちなんで、「茅ヶ崎海水浴場」から「サザンビーチちがさき」に改名。それ以降、訪れる観光客は年々増え続けているそうです。

そんなサザンビーチに、いち早く夏を届ける『湘南祭』。友人と、恋人と、家族と一緒に、または一人でふらっと気軽に、湘南時間を。茅ヶ崎、湘南らしさを追求・創造するイベントから、今後も目が離せません。

【終了】湘南祭2018

神奈川県茅ケ崎市中海岸4丁目

[開催日時]
平成30年4月28日(土)・29日(日)10〜16時

[開催場所]
サザンビーチちがさき周辺

[ウェブサイト]
http://www.chigasaki-cci.or.jp/shonan_festival/
Facebook:@湘南祭

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

WAVE