【湘南で暮らす人々】

移住先“鵠沼海岸”で、夢をカタチに。~高橋哲史さん・彩さん(スムージーカフェ「MOANI」オーナーご夫妻)~

3年前に川崎から鵠沼海岸に移住、5月4日にアメリカのキャンピングトレーラー「エアストリーム」を使ったスムージーカフェ「MOANI」をオープンした高橋ご夫妻(哲史さん・彩さん)。湘南への移住、エアストリームの輸入、カフェオープンと、次々と夢をカタチにしています。移住してからの3年間を、「まるで宝くじが当たったかのように幸せな毎日」と語ります。

ご夫妻の夢であった湘南への移住。

ご夫妻の夢であった湘南への移住。「僕にとっては、“湘南=鵠沼海岸”。高校時代に3年間通った、学校や海。青春時代を過ごしたこの土地に思い入れがあります。」と、移住先は迷わず鵠沼海岸へ。娘さんの小学校卒業を機に、鵠沼ライフをスタートさせたそうです。

哲史さんはサーフィン歴15年、彩さんは朝ランやヨガがライフワーク。以前、家族でフラダンスを習っていたこともあり、今でもフラ仲間との交流を楽しんでいるそうです。「都内へのアクセスも抜群。江の島はもちろん、辻堂や茅ヶ崎も近い。何より、鵠沼海岸の海と人が好きです。」と言う、ご夫妻。

家族の夢を乗せてやってきた、エアストリーム。

湘南移住を叶えたご夫妻の次なる夢は、エアストリーム輸入と、家族で商売や旅を楽しむこと。友人を通じてアメリカ・オハイオ州から輸入し、5月4日にスムージーカフェ「MOANI」をオープン。「いつかはエアストリームで旅に出たい!」と、目を輝かす哲史さん。

  • 1965年製AIRSTREAM「Caravel」(17フィート)

MOANIは、小田急江ノ島線「鵠沼海岸駅」や海からほど近いご自宅の庭で、木・金・土の営業。住宅地で商売を始めるにあたり、近隣に迷惑をかけるのでは…と心配したご夫妻。しかし驚いたことに、ご近所の方々から「やりなさい!」とあたたかい言葉とともに、背中を押してもらったのだとか。

仲間の愛情が彩る空間、「MOANI」。

12年住んだ川崎を離れ、鵠沼海岸へ。これまで家族や仲間と過ごした時間を「楽しくて濃厚な3年でした。」と、顔を見合わせて微笑むご夫妻。「ご近所をはじめ、子育て・フラ・サーフィン仲間にも恵まれ、湘南を最大限に満喫しています。」と語ってくれました。

MOANIのオープンに合わせ、たくさんの友人からお祝いをもらったそうです。MOANIのロゴ入りキャッシュトレー、7325COFFEE特製・MOANIパン、そしてお店前には色鮮やかな花がズラリと並び、心が華やぐ空間になっています。

湘南は、“大人なのに、友達がたくさんできる場所”。

週末は、仲間家族とサーフィン、BBQ、ホームパーティーなどを楽しんでいます。子どもを含め、総勢30人で南伊豆旅行に行ったこともあるのだとか。

「友達の友達、そのまた友達がつながる。自然と仲間が増え、新しいコミュニティが続々と生まれる。湘南は“大人なのに、友達がたくさんできる場所”。」と言う、ご夫妻。湘南で夢を叶え続ける哲史さんと彩さんに会いに来ませんか。「MOANI」では、笑顔溢れる仲間との出会いが待っています。

湘南で暮らす人々

都心から電車で1時間と、遠いようで実は近くにある海辺の街。豊かな自然に囲まれて過ごす人々の表情もまた、おなじように豊かです。

本コラム『湘南で暮らす人々』では、この地で生活を営む人々にフォーカス。「やっぱりこの街が好きだ」というみなさん、そして「いつかはここで……」と憧れを持つみなさんと一緒に、多彩なライフスタイルを覗いていきたいと思います。

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

WAVE