【湘南で暮らす人々】

茅ヶ崎から湘南の香りを一枚の絵にのせて 〜独学の透明水彩画家 かとう くみさん〜

今回は茅ヶ崎在住で、透明水彩画家のかとう くみさんをご紹介します。湘南から日本全国、海外へと活躍の場を広げるかとうさん。その独特な風合いを持つ絵は、茅ヶ崎の人気アイスクリーム店『Plenty’s』の店舗や江ノ電の駅構内の看板でご覧になったことがある方もいるのでは?

「とにかく絵が描きたい!」の感情から全ては始まりました

「学生時代は、家政学部で、部活は剣道とマーチングバンド。時間を見つけては海外旅行をするという生活に明け暮れていまして、絵とは無縁の生活をしていました」という、かとうさん。しかし「卒業時に某外資系企業の内定をいただいていたんですが、自分の計算ミスで単位が1単位足りず、学生生活が1年延長、内定も無くなり失望、落胆しました」。

「そんな中、自分は一体何がしたいのかと真剣に考えた時、“私は絵が描きたい!”と強い感情がこみ上げてきたんです」。それが絵描きを目指すきっかけだといいます。

仕事を通じて絵を学ぶ

「絵の知識は小学校の授業で習うことくらいしか知りませんでしたが、“絵を描きたい”とアンテナを立てると情報が自然と集まって来たのです」と、かとうさん。

始めは、テレビ局の関連会社で営業をしながらクライアントの要望や絵のコンセプトを作家さんへ伝えることを学び、続いて藤沢ケーブルテレビ時代にはテロップ制作と絵を描く仕事を経験。さらに東急ハンズの画材販売時代では、絵を専門とする方々と多く接することで、筆の材質、紙、絵の具のことを研究でき、現在の透明水彩画へと結びついたそうです。

  • 仕事場には膨大な数の資料がギッシリ!

尊敬する画家は“Norman Rockwell”

「絵を描くのに写真を見て描くなんて邪道」と美術大学出身者から言われたことがあり、自分のスタイルに悩んだ時期もあるといいます。そんな時、知人のイラストレーター・長野剛さんに「かとうさんの好きなNorman Rockwellだって、僕だって写真撮影してから描いている」と助言をもらい、自信に繋がったそうです。

  • 写真を見ながら描くのが、かとうさんのスタイル

初めての個展は、江ノ島展望台で!

初めてかとうさんが個展を開くにあたり、選んだ場所は江ノ島の展望台。当初は前例がないということで、その開催を断られたそうです。しかし、数日後「開催できる」という連絡が。初めての個展は、江ノ島展望台というメモリアルなものになりました。

  • 作品の多くは湘南が舞台

  • 温かな作風が見る人をひきつけます

私の絵の具には“白”がありません

かとうさんの絵の特徴は、白い絵の具が使われていないこと。「正確に言うと、私の持っている絵の具にも白い絵の具はあります。ただ、それは混色(絵の具を作る際に白っぽい色を作る工程)のため。彩色したものの上に使っても、『白』としての色が成り立つわけではない。白い絵の具は絵を直す、消すものではないと私は認識しています」。

こうしたこだわりから、クライアントから訂正を求められた時、10枚の原画を全て描き直ししたこともあるとか。

  • さまざまな色を使い分けて制作

コーヒーが好きで、一日2リットルも!

「LION coffeeや、ハワイのKona coffeeが大好き!! 毎日2リットルは飲みます」と語るかとうさん。コーヒーについてはこんなエピソードも。先日旅行で行ったニューヨークでインフルエンザにかかり、タミフルを処方された際、「コーヒーは飲みますか?」という質問に対し毎日2リットルと答えても、何も驚かれなかったんだとか。「日本だと『えー!』と驚かれるのですが、アメリカだと私って普通なんだ!って思えました」と明るく笑います。

そんなかとうさんに湘南の魅力を聞いてみると、「生まれ育った街であり、海に近い。辻堂のテラスモール湘南をはじめ色々なショッピングモールがあり、交通も東京や横浜、さらには鎌倉、逗子などへも電車や車で1時間くらい。生活する環境には恵まれていると思います」。

あのアイドルとの共演が夢

最後にこれからの夢をうかがうと、「いつかは関ジャニ∞とお仕事がしたいです!! でも色々と厳しそうでもあるので、ドラマなどの小道具とかそんな形で使っていただければ嬉しいですね。あとは、やはりアメリカでお仕事がしてみたいです!」と語ってくれました。

リアルで、自然で、今にも動き出しそうな透明水彩画に魅了される、かとう くみさんの作品。この3月にはステンドグラス作家の友人、石井千晶さんと二人展を開催するなど、これからもますますの飛躍が期待されます。街中で、駅の看板で、お店のポスターやカレンダーで、さらには公式サイトで作品に触れてみませんか。そして、お近くで展示会が開催されていたら足を運んで、かとう くみさんの世界を感じてみてください。

湘南で暮らす人々

都心から電車で1時間と、遠いようで実は近くにある海辺の街。豊かな自然に囲まれて過ごす人々の表情もまた、おなじように豊かです。
本コラム『湘南で暮らす人々』では、この地で生活を営む人々にフォーカス。「やっぱりこの街が好きだ」というみなさん、そして「いつかはここで……」と憧れを持つみなさんと一緒に、多彩なライフスタイルを覗いていきたいと思います。

———–

[ウェブページ]
http://www. kato-kumi.com
Facebook:@かとう くみ

[問い合わせ先]
メール:suisai@kato-kumi.com

ライター情報

SHONAN garden 編集部

SHONAN garden 編集部

海、山に囲まれた日本有数のリゾート・湘南。この地で送るスローライフをより深く、より身近に。地元ならではの目線からあらゆるスポット・イベントなどの情報をみなさまへとお届けいたします。

このライターの記事を見る

WAVE