湘南の春を堪能するなら、平塚のお花見ドライブがおすすめ!

レジャーグッズをクルマに積んで、家族や仲間と一緒に花見スポットを巡ってみる……。春を感じながらドライブがてらにサクラを堪能できるのは、花見の名所に駐車場が完備されている平塚ならではの“湘南お花見スタイル”です。

大人向けのデートスポットなら「湘南平」がオススメ

大人向けデートスポットとしてオススメなのが、標高約180メートルの丘陵にある「湘南平」のサクラ。ソメイヨシノやヤエザクラなど、頂上に約45本のサクラが咲く湘南を代表する花見スポットです。花見スポットとしての歴史はかなり古く、なんと江戸時代末期頃からサクラや紅葉の名所であったそう。高麗山公園レストハウス展望台から見渡す景色は、神奈川の景勝50選のひとつに選ばれているほどの絶景で、富士・箱根を一望できるほか、晴れた日には東京スカイツリーと東京タワーが並んで見えたりすることも。

頂上にある「湘南平展望レストラン flat」では、壮大な景観を眺めながら平塚の美味しい食材も味わえます。また、湘南平の頂上に向かう際には、桜並木に囲まれる車窓からのサクラも楽しんで。

ファミリーにオススメは「平塚市総合公園」

ファミリーにオススメなのが「平塚市総合公園」のサクラです。園内全体で258本のサクラがあり、特に11,400平方メートルの「桜の広場」は全部で160本のサクラが集中的に植えられていて、満開時は圧巻の光景が広がります。

広場の近くにはアスレチックや大型の滑り台といった遊具をはじめ、動物と触れ合えるコーナーやポニー乗馬ができる「ふれあい動物園」(入園無料)もあるので、子供と一緒に芝生の上でお弁当を食べながら花見ができるオススメの広場です。

お花見のイベント感を楽しみたいなら「渋田川桜まつり」で!

最後にご紹介するのは、春の湘南ドライブスポットとしても一押しな「渋田川桜まつり」。桜の開花時期に合わせて毎年開催しているこのおまつりは、渋田川(平塚市西真土〜豊田内間木/渋田川鷹匠橋〜上流400m両岸)沿いにずらっと並ぶ圧巻の桜並木を横目に、地元の方による模擬店や売店のほか、川の土手では吹奏楽の演奏イベントなどが開催され、花見ムードを盛り上げます。おまつり前の4月4日(水)〜8日(日)の期間中は、18時〜21時までライトアップを行うため、“平塚の夜サクラ”として年々、知名度&人気を集めている平塚の新しい花見スポットです。

イベント当日は近隣の「湘南車検場」が臨時駐車場として開放されているので、クルマでのアクセスも問題なし。2018年の開催は4月8日(日)の9時30分〜15時、小雨決行です。普段は専用の駐車スペースがないだけに、桜まつり当日に合わせて、花見スポット巡りの一日を平塚で過ごしてみては?

平塚 桜の名所

■湘南平
神奈川県平塚市万田790
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=48763

■平塚市総合公園
神奈川県平塚市大原1-1
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=48814

■渋田川桜まつり
神奈川県平塚市西真土4
http://www.hiratsuka-kankou.com/entry.html?id=48812

ライター情報

すぎさきともかず(SHONAN MAJOR COMPANY)

すぎさきともかず(SHONAN MAJOR COMPANY)

スポーツジャーナリスト、株式会社湘南メジャーカンパニー代表。出版社勤務後、2006年よりフリーに。スポーツ、ビジネス、ライフスタイルなどの媒体にて多数執筆。著書に「サッカー選手から地方政治家へ 日本代表議長 森正明」(タウンニュース社)がある。趣味は純喫茶&古本屋めぐり。平塚生まれのTUBE好き。

このライターの記事を見る

WAVE