【湘南ワークスタイル】

「コワーキングスペース チガラボ」〜地域でやりたいことが提案できるコミュニティ型コワーキングスペース

「茅ヶ崎」はご存知のようにサザンオールスターズでも有名な湘南を代表する街の一つです。海から近いこともあり、海アイテムを使った雑貨屋や服屋などが多く、「ほどよいゆったり感」をかもしだしています。

そんな茅ヶ崎の街にある「コワーキングスペース チガラボ」をご紹介します。

地域のコミュニケーションの場「チガラボ」

オーナーの清水さんは8年前に家族と一緒に茅ヶ崎に移住して来ました。そして2014年から東京の会社を辞めて、この「ゆっくりとした時間に浸ってビーチサンダルを履いて電車に乗ってしまう街、湘南茅ヶ崎」で、本格的に活動を開始したのです。

NPOなどで地域の人々が主体となった活動を経験したオーナーは、ゆたかな人のつながりから新しいコトが生まれるコミュニティをつくろうと、茅ヶ崎駅から3分の場所に「コワーキングスペース チガラボ」を2017年1月にオープンしました。

  • メンバーが1マスずつ利用できる「My本棚」

コンセプトは「やってみる」「つながる」「知る学ぶ」

コンセプトは「やってみる」「つながる」「知る学ぶ」。そのための「箱」が「チガラボ」なのです。「チガラボ」のコミュニティーメンバーになると、コワーキングスペースを利用できるだけではありません。

メンバーは「チガラボ」のスペースを使ったメンバー向けの様々なイベントに参加できたり、自身が主催してやりたいテーマでイベントを開催できるのです。

地域の高齢者支援サービスに取り組んでいた40代のAさんは、地域で自分らしく生きるシニアのロールモデルづくり「茅ヶ崎ワンハンドレッドクラブ」を立ち上げました。いきいきと活躍するシニアの取材やテーマについて考えるイベントを「チガラボ」で開催、ウェブメディアでの発信活動などしています。

社会人2年目でカラーコンサルタントのBさんは、茅ヶ崎のまちを「色」の視点から関心を持つ人を増やしていこうとしています。「集色活動」という「チガラボ」でのイベントで仲間を募ってまちを歩き、色を集める活動を展開しています。

そんなコミュニティーに参加するメンバーは、地元で自営業をしている方、会社員の方、学生、主婦の方など、年齢層も高校生から高齢者まで様々です。また、「チガラボ」にはキッチンがあるので、食のイベントやお酒のイベントも開催されています。

進化を続ける「チガラボ」

もちろん、普段はコワーキングスペースとして「ドロップイン」利用をされる方もたくさんいます。

「チガラボ」は今後、サービスを拡大していく計画をもっています。2月から宿泊ができるゲストハウスのオープン、そして海沿いに新たな「チガラボ」拠点の設置など。「湘南のコミュニティスタイル」をリードする「チガラボ」のこれからに、目が離せませんね!

  • ソファ席

  • 集中ブース

湘南ワークスタイル

近年、働き方の多様化が注目を集めており、今までは東京が当たり前だと考えられてきた仕事を東京以外の場所で行う形も多く見られるようになりました。都心にも近い湘南は様々な職種の方がそれぞれ自由なスタイルで仕事をしています。この特集ではそんな湘南エリアでのワークスタイルを紹介していきます。

———–

コワーキングスペース チガラボ

[住所]
〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-48 ワラシナビル5F

[営業時間]
9:00〜22:00

[定休日]
無休

[利用プラン]※詳細はホームページを参照
<個人コミュニティメンバー>
フルタイムメンバー:月額10,800円(学生3,240円、シニア8,640円)
ナイト&ウィークエンドメンバー:月額8,640円
サムタイムメンバー:月額5,400円

<法人メンバー>
フルタイムメンバー:月額32,400円
法人登記:月額10,800円
住所利用:月額5,400円

<ドロップイン>
2時間:540円〜

<設備・機器>
ミーティングルーム:540円/30分(コミュニティメンバーのみ)
プリンター、コピー機等

<スペース利用>
1時間:3,240円〜(コミュニティメンバーのみ)

<チャレンジキッチン>
1ヶ月:27,000円

[お問い合わせ]
電話:080-8731-6503
メール:info@chiga-lab.com
ホームページ:https://chiga-lab.com
Facebook:@chigalab

※写真提供:コワーキングスペース チガラボ

ライター情報

Nobuyoshi Takuma

Nobuyoshi Takuma

サーフィンをしに毎週、湘南に通っていたら、湘南loveが猛烈に強くなり、ついに自分の経営するIT企業のサテライトオフィスを鵠沼海岸に作ってしまった。「働き方改革」の理想像として「湘南で働く」「海のそばで働く」人たちのコミュニティを作るため奔走中。

WAVE