出会いと驚きがいっぱいの、平塚南エリア散歩

先日、こちらでも紹介させていただいた「ひらパラ」の会場となったのが平塚駅南口から海方向に伸びる「平塚なぎさプロムナード」。道が広く見事な松が生い茂るこのエリアは散歩にもぴったりです。海風が心地よい、平塚南部エリア(松風町〜袖ヶ浜〜龍城ヶ丘〜菫平〜花水台)をブラっと散歩してみました。

平塚駅南口からスタート!

スタートは平塚駅南口。駅前の噴水広場を通り抜けて、平塚なぎさプロムナードへ足を進めます。まず、目に入ったのが「コメダ珈琲」。名古屋発祥のこの店はなんと言ってもモーニングが有名。散歩前の腹ごなしにもいいかもしれませんね。

  • 駅前の噴水広場

  • 人気のコメダ珈琲

続いて広い通りを歩いていくと、まず見えるのがフレンチの名店「H×M」。店の前では小さな出店も開かれ、「SunSunマルシェ」の原点のような光景が広がります。その先には、やはり以前紹介したルナカフェ、さらに「カトリック平塚教会」が。教会は、誰でも自由に入れるとのことなので、ちょっと心身を清めるのもいいかもしれません。

  • H×Mの前には出店も

  • ルナカフェ

  • 荘厳な雰囲気の教会

  • 教会内のショップ「ガリラヤの丘」

まっすぐ海ではなく、西方面へ

平塚なぎさプロムナードを進み、高浜公園前の交差点へと到着しました。そのまままっすぐ行けば毎月開催される「SunSunマルシェ」の会場でもある湘南海岸公園、そして「湘南ベルマーレひらつかビーチパーク」ですが、今回は信号を右折。交差点には巨大なサンドウィッチで有名な「松風SAND & BAR」があり、多くのお客さんで賑わっています。

通り沿いには素敵な洋菓子屋さんや、地元密着のカレーショップ、そしてテイクアウトも充実のカフェなど、興味をそそるお店がずらり。その先には以前にご紹介した「1761studio」やアトリエなども。アート散策も楽しめるのがこのエリアの魅力です。


たなびく大きなのれんに興味津々

そして気になるお店を発見。風になびく松風商店と描かれた、大きなのれん。早速、のれんをくぐって店内へ入ると、中にはさまざまな種類の小麦粉などのパンの材料や、美味しそうなパンが並びます。聞けば人気商品は「もなチョコレーヌ」という焼き菓子だそう。もなかをつくる際に余る大量のもなかの皮を粉状にして小麦粉と混ぜて焼き上げ、さらに表面にも、もなかの皮をあしらった一品です。独特なマドレーヌ生地とチョコチップ、表面のさくっとしたもなかの食感が斬新な一品に大満足。こんな素敵なスイーツにバッタリと出会い、食べ歩くのも散歩ならではの楽しみではないでしょうか。

  • 迫力満点の巨大なのれん

  • 絶品の「もなチョコレーヌ」

そこから西へと進みます。花水小学校と浜岳中学校の間を通り過ぎ、歩道橋を上がると手前には湘南平の電波塔、その先にはかすかに富士山が見えます。

新旧さまざまな店で活気ある商店街

さて、その先はマリンロード商店街。ベーグルで有名な「CAFÉ SABADO」に、ピザが名物の「HOW SWEET」。平塚を中心とした地場野菜を売る八百屋や、懐かしさを感じさせる風情ある文房具店などの中に新オープンの店も混じり、駅前ではないにも関わらず活気に満ちた印象の商店街です。

  • CAFÉ SABADO

  • HOW SWEET

  • 懐かしさを感じさせる文房具屋

自家焙煎の珈琲豆はお土産にも最適

その中で目に留まったのが自家焙煎珈琲の看板と、辺りに漂う素敵なコーヒーの香り。この地で40年以上の歴史がある珈琲豆専門店「ティータイム」は、世界各地から厳選した珈琲豆を取り寄せ、自家焙煎しているとのこと。店内に入ると、見たこともない大きな焙煎機と、焙煎したての珈琲豆に引き寄せられます。

「平塚でも自家焙煎している店は数えるほど」と店主さん。地元の方はもちろん、遠くから車でわざわざ買いに来る常連さんもいるようで、お土産に一番人気のオリジナル「ロイヤルブレンド」を購入しました。

  • 歴史を感じさせる看板

  • 店内の目の前で焙煎

やがて目に付くのが平塚のソウルフードともいえる「花水ラオシャン本店」。TVなどでも数多く紹介され、今や全国区の知名度を誇るラーメン屋も、この商店街にありました。その近くには「ボインゴサイクル」もあり、人気の店が目白押しです。

  • 有名な花水ラオシャン

  • 駄菓子屋も併設の「ボインゴサイクル」

心地よい散歩もいよいよゴールへ

そしてゴールに選んだのが商店街を左に曲がった先にある「なでしこ公園」。相模湾と花水川の間近にあり、一年中花が楽しめる花壇、広々とした芝生、そして水遊びができる波の泉(夏限定)など、豊かな自然が心地よい公園で、高台に上がれば、海と川と山を一望。平塚散策の疲れも癒やしてくれる、最高のスポットです。

さあ、帰りはまたマリンロード商店街まで戻って、バスに乗るのもよし、まだ元気があるなら再び歩いて駅へ向かうもよし。松風町の住宅街を通れば、立派な松林やあちこちに点在する公園など、休めるスポットもいっぱいです。

すべてを歩きとおして、駅南口に戻ったのが出発から約2時間30分後。お店でゆっくりご飯を食べれば、3時間ちょっとの心地よい散歩を満喫できます。どのルートを辿っても素敵なお店が見つかる平塚の南エリア散歩。今回ご紹介したスポットやネット検索では分からない、新たな発見と出会いを求めて出かけてみてはいかがでしょうか?

  • なでしこ公園の「波の泉」(夏限定)

  • 花水川の先には相模湾が広がります

  • 住宅街に突如出現する立派な松林

  • スラックラインとネットで遊べる公園

平塚南エリア散歩

散歩距離:約5.7㎞
所要時間:約2時間30分

ライター情報

ユゲヒロシ

ユゲヒロシ

鵠沼海岸生まれ、鵠沼海岸育ち。バックパッカーとして世界を旅した後、広告制作会社に。2003年よりフリーランスのライター&ディレクターに。趣味はキャンプ、ロードバイクなど。B・C級グルメ、お酒が大好きだが弱いのが玉にキズ。妻と3人の子どもとつましく(?)暮らす。

WAVE