【湘南ワークスタイル】

「ことkama.」〜北鎌倉の古民家風コワーキングスペース

北鎌倉駅周辺は鎌倉と大船というターミナル駅の間に位置する、山あいにこぢんまりとある趣のある場所です。そんな素敵な環境で、駅から500メートルとアクセスの良いコワーキングスペース「ことkama.」をご紹介します。

コワーキングスペースとしては異色なサービスを展開

オーナーは中小企業診断士の資格を持ち、15年以上のキャリアを持つ経営コンサルタントです。もともと仕事柄、創業まもない企業や起業したい方の支援を行なっていました。そんなオーナーが北鎌倉駅近くにあるこちらの土地を購入して、そこに古民家風のシェアオフィス兼自宅オフィスをつくったのが「ことkama.」です。

「ことkama.」が普通のコワーキングスペースと異なるのは、こちらを利用する方にはもれなく経営コンサルタントのオーナーから「経営支援、起業支援」を受けられることです! オーナーが無料で、これまでの豊富な経験からビジネスの成功可能性やそのための方法をアドバイスし、場合によってはオーナーの会社から出資する可能性もあるそうです。

2017年の8月にオープンしたばかりですが、既に翻訳業、カウンセラー、Webデザイナー、ITコンサルタント、行政書士、株式会社やNPOを登記中の方、そして東京に本社を置く企業のサテライトオフィスとしての利用者などバラエティ豊かな方々が「ことkama.」を拠点に選んで活動を開始しています。

利用者に共通するのは「鎌倉で働きたい」という思い

「ことkama.」の利用者に共通しているのは、都心ではなく、「鎌倉で創業したい」という熱い思いです。

NPOのAさんは、「拠点が鎌倉であることによって、事業のコンセプトを対象者に強くアピールできるため集客にとても有効です」と言っています。

近隣にお住いのBさんは、「鎌倉に本社を置き、鎌倉からビジネスや情報の受発信をしていきたい」と強く思い、「ことkama.」の利用を始めました。

WebデザイナーのCさんは、鎌倉を紹介するWebサイトをつくってしまうほど鎌倉が何よりも大好きで、こちらに本社を置き、落ち着いた環境で仕事をしています。

土日に限っては「ことkama.」で貸切イベントを行うこともできます。先日も、クラフトビールのワンウェイ樽を製作しているベンチャー企業とオープニングイベント&製品紹介交流イベントを開催しました。

「ことkama.」では「鎌倉で創業したい人」すなわち鎌倉に法人登記をしたい人に加えて、「鎌倉で働きたい人」すなわち本社は都心ですがサテライトオフィスとしてのテレワーク利用者も募集しているそうです。

「鎌倉で創業し、事業をしたい人」も「鎌倉で働きたい人」も今後「ことkama.」は要チェックですね。

湘南ワークスタイル

近年、働き方の多様化が注目を集めており、今までは東京が当たり前だと考えられてきた仕事を東京以外の場所で行う形も多く見られるようになりました。都心にも近い湘南は様々な職種の方がそれぞれ自由なスタイルで仕事をしています。この特集ではそんな湘南エリアでのワークスタイルを紹介していきます。

———–

ことkama.

[住所]
神奈川県鎌倉市山ノ内309(横須賀線 北鎌倉駅 徒歩6分)

[営業時間]
9:00 – 22:00(原則)

[定休日]
年始年末以外ほとんど利用可能

[利用プラン]
固定デスク(月額一人):20,000円(税別)※法人または個人事業の創業後
フリーデスク(月額一人):10,000円(税別)※法人または個人事業の創業後
創業前フリーデスク(月額一人):5,000円(税別)※創業前で創業準備中の方々

サテライトオフィス利用(月額一人)※仮料金:
サテライト・フリーデスク法人契約:20,000円(税別)※契約者と利用者が異なる場合
サテライト・フリーデスク個人契約:10,000円(税別)※契約者と利用者が同一の場合
(その他詳細は下記Webページをご参照ください)

[お問い合わせ]
TEL:090-8566-1099
MAIL:takaku@hi-ho.ne.jp
Webページ:http://kotokitakama.com

ライター情報

Nobuyoshi Takuma

Nobuyoshi Takuma

サーフィンをしに毎週、湘南に通っていたら、湘南loveが猛烈に強くなり、ついに自分の経営するIT企業のサテライトオフィスを鵠沼海岸に作ってしまった。「働き方改革」の理想像として「湘南で働く」「海のそばで働く」人たちのコミュニティを作るため奔走中。

このライターの記事を見る

WAVE