七里ヶ浜の丘の上、「AWANOUTA」で味わうラーメンと人の温もり。

湘南のコーストライン・国道134号線と並走する江ノ電。道路の向こうのパーキングでのんびり過ごす人たち。最近は有名セレクトショップが進出するなど、一年を通して人々が訪れるのが七里ヶ浜です。海際の情景が注目されがちですが、反対側の丘の上には閑静な住宅街が広がっています。

そして、そんな七里ヶ浜の住宅地の一角に佇むのが「AWANOUTA(アワノウタ)」。関西からやってきた個性的なラーメンが注目を集め、雑誌やメディアなどで紹介されるなど一躍人気のお店になりましたが、その1杯のどんぶりには一家の物語が込められていたのです。そのエピソードも少しだけご紹介しましょう。

七里ヶ浜の丘の上、ぬくもり溢れる「AWANOUTA」あり。

七里ヶ浜の住宅地の中心あたり、かつてはパン屋さんだったところで「AWANOUTA」はドアを開けています。お店を営む一家の大黒柱・亮さんは、大阪の「進化驀進(しんかばくしん)」というラーメン屋さんのオーナーでもあります。

「湘南ではゆったりとしたリズムの中で、自分の理想のラーメンを作りたいと思っていたんです」と語る亮さん。流木や古材などを利用した温もりのある店内で、こころの芯までぽかぽかするラーメンをいただきましょう。

すべて“一品モノ”。クリーミーでオーガニックな豚骨ラーメン。

お店の看板メニューである「豚泡(ぶたあわ)SOBA」は、その名の通り豚骨スープがベースとなっている1杯。化学調味料を使用せず、健康志向のオーガニックなラーメンの特徴は、何といってもそのクリーミーな味わいでしょう。

高速回転で泡立てることによって水分と油分が一体化し、仕上がりは低カロリーでスッキリとした後味に。国産小麦を100%使用した麺も歯切れが良く、シャキシャキとした食感と彩りを与える野菜がそっと添えられ、トータルでバランスのとれた一品となっています。

ちなみに、野菜などのトッピングはその時期の旬ものを使用しているので、“まったく同じラーメン”は基本的に存在しません。訪れる度に味わえる変化も「AWANOUTA」の楽しみのひとつですね。

  • ▲ クリーミーな味わいが美味の「豚泡SOBA」。トッピングの野菜も注目です

ヘルシーラーメン誕生の裏にあった、家族の物語。

「自分たちにとって大切なものはすぐ目の前にあったのに、(家庭の)外側ばっかりを探してしまっていたんです」。一家の奥さま・ナツミさんは、大阪で暮らしていたときのことを振り返ってこう言いました。

中心街でラーメン屋さんを営む亮さんと、美容業界で精力的に活動しているナツミさん。仕事中心の生活リズムで過ごしていた2人の帰りは夜遅くなって、食への意識も疎かになりがちでした。そんな日々の中では一家団欒の時間を持つこともなかなかできず、家族のすれ違いも少なくなかったのだそう。

「そんなときに子どもが大きな病気にかかって、それまでの自分たちの行いをとっても悔やみました。そして、それをきっかけにいろいろと見直すようになったんです」とナツミさん。食生活の改善が功を奏してお子さんは元気を取り戻し、夫婦も家族との時間を考えるようになったといいます。

ライフスタイルを一変させるような出来事を経験した自分たちだからこそ、食と健康の大切さを伝えていきたい。一家で営む「AWANOUTA」のヘルシー志向なラーメンには、そんな想いも込められているのです。

「家族でやってるからこそ」。憧れを日常に変えた一家のこれから。

大阪の中心部で日々アクティブに過ごしていた反動からか、ご夫婦は海街スローライフに憧れを抱いていたそう。そんな折、ナツミさんはお友達に招かれて湘南を訪れました。それが一家にとっての転機となります。

「何から何まで求めていたものが湘南にはあって、人々も優しくて。もう感情がブワーッてなっちゃいました」。ナツミさんの決意は固く、そのまま亮さんと相談して湘南移住とお店のオープンを決めました。

「引っ越してきてすぐに『AWANOUTA』がオープンしたから、僕自身は(七里ヶ浜に)住んでる感覚がまだないんです。坂を下っていって、七里ヶ浜の海を見ても未だに観光気分なんですよ」。こう語る亮さんですが、この後に続く言葉を聞くと、どうやら少しずつ湘南生活に溶け込み始めているようです。

「ただ、不思議な感じはするんですけど、たとえば夜にワンちゃんの散歩とかをしていると、すごくゆっくりした気分になれるんですよね」

大阪のお店では男らしいラーメンを作ってきたからこそ、湘南ではそのスタイルを覆すような、自らのこだわりや楽しみを追求する1杯を。

「(「AWANOUTA」は)家族でやってるからこそ、“体にいいラーメン”という筋を通してやっていきたいと思っています」。亮さんは、日々の充実さを窺わせる表情を浮かべながら話していました。

ちゃきちゃきの関西人一家が営む「AWANOUTA」からは、きょうも笑いと温もりがこぼれてきます。軽快なジョークとほっこりする人情にラーメンを添えて、七里ヶ浜の夜を楽しく過ごしてみませんか。

AWANOUTA

神奈川県鎌倉市七里ヶ浜東4-4-1

[営業時間]
LUNCH … 11:30〜14:30(14:00 L.O.)
DINNER … 17:30〜22:00(21:30 L.O.)
※月曜はランチのみ

[定休日]
火曜、第3月曜

Facebook: @awanouta48ramen
Instagram: @awanouta

ライター情報

akira suematsu

akira suematsu

湘南生まれ湘南育ちの純・湘南ボーイ。そのわりにサーフィンは未経験だが、鵠沼の海が世界で2番目に落ち着く場所である。まだ見ぬ湘南の魅力、そして多様なライフスタイルのあり方を求めて、ペンとカメラを両手に行動範囲を拡大中。

このライターの記事を見る

WAVE