子ども無料、大人も募金でお昼ごはん! みんなの居場所『長後こども食堂』。

子どもの貧困、孤食、居場所作り等への対策として関心が高まる『子ども食堂』。湘南でも藤沢や茅ヶ崎など、様々な場所で広がりを見せています。

そんな中、ユニークな取り組みを行っているのが『長後こども食堂』。子どもの貧困のみにフォーカスすることなく、子どもから高齢者の方まで“みんなの居場所”として根ざしていくことを目的としています。

誰でもウェルカム! 毎月第1日曜は『長後こども食堂』へ。

『長後こども食堂』は毎月第1日曜の11〜15時、小田急線長後駅から徒歩2分の「シェアカフェ長後食堂」で開催。子どもや家族連れだけではなく、女性の2人客やご高齢の方まで、老若男女を問わず多くの人々が集まっています。

きっかけは「食堂ならば、子どもも大人も一緒に話したり、食べたりできる」というある大学生のひと声から。2016年11月の会議からわずか2ヶ月でオープンしました。

初回は10名のボランティアが奮闘。豚汁、餃子やおにぎり、みかんを提供。ご家族連れや高齢者を中心に68名が来店するなど大盛況だったそうです。

  • ▲ ご家族連れでにぎわう店内

  • ▲ お母さんと小さなお子さん連れのママさんも

地域の方やボランティアの愛情たっぷり、贅沢ランチを。

  • ▲ 栄養たっぷりデザートも! こどもは無料、大人200円以上の募金でこれだけの品がいただけます

「長後こども食堂」では、子どもは無料、大人は200円以上の寄付でランチを召し上がれます。

この日のメニューは計7品で、そのうち「肉だんご汁」や「まぜこみいなり」はおかわりOK。これらに加えてアメリカンチェリーやお菓子などの寄付もあり、来店者からは驚きの声が上がっていました。

ボランティアの方々の笑顔やあたたかい接客に、お腹も心もほっこり満たされます。その上帰りには子どもが大好きなお菓子をいただき、これでもか! と至れり尽くせりの一日でした。

気軽なボランティアから食材寄付など、関わり方はさまざま。

いろいろな関わり方ができるのも『長後こども食堂』の特徴のひとつ。この日は野菜、果物やお菓子のほか、近隣の主婦たちやバルーンアーティストもボランティアとして集結。来店される人々や地域活性化のために奮闘する姿を見て、心が洗われるようでした。

隣に住む方のご厚意でお借りした敷地を使って、青空の下でのランチ、おしゃべりに工作も。この日は七夕飾りを作りました。また、サッカー帰りでお腹を空かせた男の子たちがふらっと立ち寄るなど、地域の方が交流するあたたかい光景が見られました。

  • ▲青空の下で七夕飾りやランチを楽しんでいました

  • ▲ バルーンアーティスト・川上さんも参加

「多くの人が来たい、住みたい」と思うような街を目指して。

  • ▲「シェアカフェ長後食堂」発起人の高見さん(写真左)と、『長後こども食堂』を取り仕切る永石さん(同右)

「子どもから高齢者までが交流できる居場所を創りたい。多くの人が“長後に来たい、住みたい”と思ってくれるようになれば」と語る高見さん。「ことりのおうち~ふれあいインコカフェ~」や花屋さんを営む中で、地域が抱える問題を垣間見てきたといいます。

 

子どもたちのため、地域のために今、できること。『長後こども食堂』は、価値のあるお金や食材の使い方、地域の未来など、来店する人の創造力を掻き立てるでしょう。 みんなの居場所、そしてみんなの愛の結晶である『長後こども食堂』へと、ぜひ一度遊びに来ませんか。

長後子ども食堂

神奈川県藤沢市高倉650-4

[内容]
毎月第1日曜 11:00~15:00

[料金]
子ども … 0円
大人 … 200円以上の募金
※ボランティア、募金、食材などの寄付募集中!

[お問い合わせ]
Tel: 080-3428-8792

Facebook: @aqua.chogocafe

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

WAVE