1日1組限定。アウトドアの達人が贈る「焚火カフェ」で、贅沢なサンセットタイムを。

四季折々の自然が美しい湘南には、海を望むロケーションなど絶景が堪能できる様々なカフェがあります。今回伺ったのは、三浦半島の静かな浜で見つけた話題沸騰中の「焚火カフェ」。炎、香り、パチパチという音など焚火を五感で楽しみながら、夕日が沈むのをひたすら待つ……そんな非日常感溢れる、贅沢で奥深いひとときを体験してきました。

ゆったりした時間が流れ、独特なムードに包まれる秋谷海岸。

この日の「焚火カフェ」の舞台は秋谷海岸。この海岸の隣には、海から突き出た大きな奇石が有名な「立石公園」があります。

海釣り客や、夏には海水浴客で賑わうものの、さほどリゾート化されていないのも特徴のひとつ。地元の人々がお弁当を食べたり、夕暮れの散歩を楽しんでいる様子など、素朴な海街の雰囲気が今も残されているのです。

  • ▲ 人の干渉がなく、自由気ままに過ごせる秋谷海岸

  • ▲ 高さ12mの「立石」。空気が澄んだ日には背景に富士山が

  • ▲ 秋谷海岸はビーチグラスの宝庫! ビーチに降りて拾ってみましょう

ようこそ、あなただけの特等席へ。空と海の大パノラマを独占しよう。

そんな秋谷海岸で行われた1日1組限定の「焚火カフェ」は、専用の道具を使って焚火を体験するワークショップ形式のユニークなカフェ。誰でも手ぶらで気軽に参加できます。

秋谷海岸の最寄り・逗子駅は都内から1時間というアクセスの良さもあり、スタートから現在までの11年で訪れたお客様は都内からの方が多いそう。

  • ▲ アウトドアの達人が厳選した焚火グッズは、なんと10年以上使い続けているものがほとんど

焚火カフェのオーナーは、アウトドア歴40年の寒川一(さんがわ はじめ)さん。焚火カフェを始めたのは、自身がかつて営んでいたアウトドアショップ「3knot」で行ったデモストレーションがきっかけだったそうです。「時計を見るのも忘れて、夕日が沈むのをゆったり待つ。その特別な空気感を味わってほしいです」と寒川さん。

  • ▲ 眼前に広がる空と海のパノラマ。砂浜の特等席で静かに夕暮れを待ちます

  • ▲ ポリストライカーで点火。麻、木くず、松ぼっくりを使って種火を育てます

お誕生日や結婚記念日に焚火カフェ。こだわりのドリンクやフードを愉しもう。

お誕生日や結婚記念日などの特別な日に、または一風変わった接待や商談に。様々な用途で楽しめる焚火カフェは、寒川さんこだわりのドリンクやフードメニューが豊富です。たとえば生豆をローストする焚火焙煎コーヒーやスウェーデン産レンメルコーヒー、メキシコ産のオーガニックカカオを使った焚火チョコラテ、自家製ホットワイン……など。

  • ▲ ハムとチーズのホットサンドと自家製ホットワイン

ホットサンドメーカーで焼くハムとチーズのホットサンド、専用のダッヂオーブンで作る焼きリンゴ、フォークで焼いてクラッカーにはさんで食べる焼きマシュマロ、焼きソーセージ、焚火ポップコーン……こうした寒川さんのこだわりのドリンクやフードは、焚火特有の風味と旨味が加わりながらじっくり調理され、見た目も味も抜群の仕上がりに。

  • ▲ "TAKIBI CAFE"の焼き印がおしゃれなホットサンド

  • ▲ チョコラテの本場、メキシコ・オアハカのモリニージョ(撹拌棒)でかき混ぜます

  • ▲ チョコラテの固形の素(オーガニックカカオ、砂糖、秘伝のスパイスなど)

  • ▲ 生クリームのようにとろけるマシュマロに感動。クラッカーにはさんでいただきます

次世代の生き方がここに。「防災+アウトドア」で生きる力を育む、磨く。

「サボリ」をテーマに活動する寒川さんは、焚火カフェのみならず、三浦半島横断トレッキングツアーなど独自のアウトドアサービスを展開しています。現在は「防災+アウトドア」という新しい観点から、災害被災時に役立つアウトドアグッズの体験型「防災キャンププログラム」の啓蒙活動を行っています。

  • ▲ 寒川一さん。著書に『新しいキャンプの教科書』(池田書店)など

「普段からアウトドアに親しみ、遊びの中で学んでいれば、災害被災時に役立ちます。やがて来る大災害のために衣食住で何が必要かを知り、今から暮らしを変えなければいけません。アウトドアにこそ、“次世代の生き方”のヒントがあるんです」と寒川さん。

ナイフの使い方や火の起こし方を学び、木や火や風と対話をする中で生きる力を育み、磨くことができる「焚火カフェ」。試練も恩恵も与える自然の中で心を開放し、自然に添った生き方の大切さを教えてくれるでしょう。

日々の喧騒を忘れ、赤く染まる空を眺める。たまには日常をサボって、夕日が沈む極上の瞬間をじっくりと味わってみませんか。

焚火カフェ

[サービス内容]
専用の道具を使用して、焚火の炎でお客様に仕上げていただくワークショップ形式のカフェ。
365日営業、完全予約制。

[所要時間]
日没前の約2時間。
※雨天中止(雨天時のキャンセル料はかかりません)

[基本料金(焚火に関わる一式)]
2〜3人でご利用の場合 … 3,500円/人
4人以上でご利用の場合 … 2,500円/人

※ご予約は2名様より承っております。
※飲食物のお持ち込みはご遠慮いただいてます。
※焚火ポンチョのレンタルや紅茶などもご用意できます。またメニュー内容をご参加人数分に調整も可能です。ご相談ください。

[実施場所]
当日の風向きなどを考慮したうえで、2日前あたりにお知らせします。
京浜急行「三崎口駅」またはJR「逗子駅」(京急「新逗子駅」)より車またはバスで行ける静かな浜(詳しくは事前にお知らせします)。

[お問い合わせ]
E-mail: san@ozzio.jp
ご希望の日程、人数、交通手段(電車・バスもしくはクルマ)、ご連絡先などお知らせください。
※1週間前までのご予約をお願いします。

Facebook: @3knottakibicafe

ライター情報

himawari

himawari

現役子育て中の翻訳家・ライター。夫、子ども2人、柴犬と湘南で暮らしています。 子育て世代目線で地元ならではのコミュニティやお店の情報を発信中。またスポーツ愛好家・愛犬家としてのライフスタイルも提案していきます。

WAVE