【あの路地を曲がれば。 〜雑誌編集者の鵠沼ライフ〜】

<第2回>秋の海

スキー雑誌の編集者をしていると言うと、
「夏は何やってるの??」とよく聞かれます。
スキーやスノーボードの雑誌は、愛好者が冬を心待ちにする
9~12月にかけて集中的に発行されます。
ということで、夏~秋は雑誌作りの繁忙期。
勢いよく鳴くセミの声を聞きながら、
雪山の写真を選んだり、冬に取材したことを原稿に起こすのです。

ほとんどは引きこもって仕事をしているのですが、
原稿が煮詰まった時に、海がすぐ近くにあるという環境はとても有り難いこと。
10分でも海を見に行くだけで気分転換に!

真夏の開放的な海も気持ちいいけれど、
海の家がなくなり、空気が澄んだ秋空の海は、
一年の中でも特に好きで、眺めていると穏やかな気持ちになります。

一向にうまくならないけれど、たまにサーフィン。
夏の鵠沼は海水浴場の規制もあり、混雑するので、
秋のほうが静かでマイペースに楽しめます。
と言いつつ、最近はほとんど入る時間を作れていませんが…。

この数年はSUPにも挑戦中。
葉山や逗子、鎌倉の穏やかな海、家の裏の川、西湘の内陸から海など、
クルージング感覚でも楽しめるSUPでは、いろいろなスポットで漕ぎます。
“朝活”のお誘いがたまに来るので、6時から1時間だけ朝の散歩のようにSUPをすると、
仕事も気持ちよくスタートできます。(やりすぎると眠くなります)

海辺のライブもお気に入り。
一年中営業している逗子の海の家SURFERSや、海辺の小さなバーで開催されるライブによく足を運びます。
忙しい時こそ、パワーチャージと思い、束の間の現実逃避の旅。
だんだんと涼しくなる夜風を感じながら、お酒と音楽。最高です。

写真を扱う仕事をしているので、もちろん写真が大好きで、
写真展にもよく出かけます。
湘南では海をモチーフにした作品を観るのが楽しみ。
美しい波の造形や自然の色。
その光景を自分の目で実際に見るのに勝るものはないけれど、
写真を通して、撮り手の気持ちや、その空気感を想像するのも良いものです。

こちらは先日出かけた市川紀元さんの写真展。

秋の湘南はアートイベントも多いので、あちこち出歩きたい気持ちを抑えつつ、
今日もパソコンと向き合うのであります。

あの路地を曲がれば。 〜雑誌編集者の鵠沼ライフ〜

鵠沼の自然を感じながら暮らす編集者が、湘南での日々の発見や四季折々の姿を紹介します。

ライター情報

尾日向 梨沙

尾日向 梨沙

編集者。東京都出身、藤沢市鵠沼在住。出版社勤務を経て、現在はフリーランスでウィンタースポーツを専門に取材、執筆。2015年に北海道ニセコの写真家とともにスノーカルチャー誌『Stuben Magazine』を発行。スキーと旅はライフワーク。海、山、森と自然に囲まれて過ごす時間が何よりも好き。

WAVE